弥富情報室ブログ

「あなたのふるさとになります」 山口県に弥富村があります。今は萩市ですが、かつて阿武郡にあった島根・津和野の隣にある小さな村。弥富村が好きな人々の温かい交流の場にしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学校は冬休み

 12月23日から学校は冬休みになりました。今年は土日が重なったため、少し早い、冬休みです。
 弥富では、23日弥富子ども大会が開かれ、保育園児から中学生までが集まって、クリスマスケーキ作りなどをして、楽しんでいます。
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/12/24(日) 05:05:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初雪でした 昨日 今年は遅い

 弥富は昨日、初雪が降りました。薄っすら雪化粧しましたが、写真にとれませんでした。いつもよりかなり遅い初雪です。
 まだ、気温が高いので、どこにも雪の影響はありません。今朝にはすっかり溶けていました。福賀には道路の上もシャーベットの雪がありましたが、山も白くありませんので、寒くなって正月が近づいたなあというぐらいの感じです。

 昨日は弥富公民館で、チーズ作り講習会がありましたから、そのときの写真を載せておきます。弥富で、ヤギを飼って、チーズを作ろうということの前段でやっています。広島出身のオージーが娘を連れてこられました。チーズ作りは、弘重さんという、スイスのチーズ士のひとがこられて教えてくださいました。この人の時々見せる職人の表情がすごく魅力的ですよ。楽しい一日でした。初雪の日のチーズ作り講習会

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/12/18(月) 10:00:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弥富の空家情報1


 弥富村には空き家がたくさんあります。しかし、なかなかすぐに入居できる状況にはありません。家は開いていても、「時々帰るから」「爺さんばあさんの荷物がおいてあるから」など、さまざまな理由で貸してもらえないことがあります。しかし、人がすまなくなるとすぐに痛みます。とくに積雪して屋根瓦がずれるとそこから雨漏りがし、腐っていきます。そんな家がたくさんあります。もったいない。私有財産ではありますが、村の財産がこういう姿になることは見るに忍びないものがあります。
 
 いま団塊の世代が退職期を向かえ、「田舎に帰ろう」と呼びかけが始まりました。団塊の人たちも、2割の人は帰りたいと思っているという調査もあります。
 
 田舎に住むにあたって、すぐに必要なのが「家」です。そんな人に、空き家を活用できないかと思って、空家情報を知らせたいと思っています。

 実際に、田舎に住み始めた人もいます。その人の感想などもおいおいにお知らせします。

 この家は、2006年10月に、神奈川県から移住してこられたものです。
isibasi0081.jpg

  1. 2006/12/11(月) 08:42:49|
  2. 弥富の空家情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弥富保育園2006年 発表会

 弥富保育園の2006年発表会がありました。園児は今10人ぐらいですけど、親子、じいばあが揃って、子の成長を確認しました。田舎の少人数の保育園ならではの全員がずっと出演中です。でも、無理はいけませんので、途中で先生の手品や、親の歌があります。今年の親の歌は、「僕はくま」でした。わが妻の提案でした。私は、歌が下手なのでメンバーから外れました。というのは嘘で、本当は遅れたからです。下手というのは本当ですけど・・・。弥富保育園の2006おやこ発表会

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/12/10(日) 08:37:19|
  2. 弥富保育園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弥富村情報室を開設しました

国民文化祭山口子ども夢プロジェクトに参加した弥富小学校音楽劇「龍のおくりもの」


 弥富村情報室を開設しました。山口県の北部、島根県津和野町に隣接する小さな山間に弥富村があります。阿武郡弥富村でしたが、須佐と合併し、さらに今は萩市となっています。しかし、弥富は弥富で昔と変わりません。伊良尾山から流れる田万川にそって、玄武岩の台地が流れています。山口自然百選の畳が淵、金の茶釜伝説がある道栄の滝があります。 この村の現実の人口は、780人。かつては2000人からいた村も、過疎の波に洗われて、どんどん少なくなっています。今では65歳以上の人が半分になりました。  しかし、この小さな村に関わって生きてきた人たちもたくさんいます。そんな人たちの思いをこのブログで交換したいと思います。  弥富村をまずは、インターネットの世界で独立させ、そのうち現実の弥富村(NPO法人弥富村ぐらいから始めるかな)を立ち上げて、いつかは再び国に弥富村を認めさせたいという無謀な思いを持ち続けて生きたいと思っています。  どうかこれからよろしくお願いします。なお、ぜひ村民登録をしたいと思っていますので、どんどん照会してください。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/12/09(土) 06:25:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

弥富のみやきん

Author:弥富のみやきん
弥富村情報室へようおいでました。ゆうにしておくれんさんせ。できりゃあ足跡ものこしておくれぇの。仲ようしょうでの。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

どねえかね

ゆうにしておくれんさいのう

現在の閲覧者数:

ようおいでんさったのう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。