弥富情報室ブログ

「あなたのふるさとになります」 山口県に弥富村があります。今は萩市ですが、かつて阿武郡にあった島根・津和野の隣にある小さな村。弥富村が好きな人々の温かい交流の場にしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

26日 チーズ講習会 中止します

 7月26日に予定していたチーズ講習会は、主催者の都合により中止します

 参加を予定されていたかたがたには大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

 理由は主催者の日程が厳しくなったこと、参加予約人数が確保できていないことが主なものです。まことに急なことで申し訳ありません。
スポンサーサイト

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/07/23(木) 07:04:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弥富中学校のグラウンドを農協が育苗センターにしたいと・・・無理難題

アジサイ屋敷09山谷

 政府の景気対策に乗っかって、あぶらんど萩農協が育苗センターの統廃合を計画。その候補地に弥富中学校のグラウンド(現在は社会教育施設の弥富グラウンド)をあげています。

 しかし、このグラウンドは、遊休地でもなく社会教育施設として利用しているれっきとした行政財産です。行政財産とは、市役所や病院、診療所、学校など行政を行うために必要な財産です。これは売買や賃貸などはできません。普通財産は、行政上の使用目的がない土地や建物などのことです。

 この際、弥富の育苗センターと紫福の育苗センターを統廃合し、一つにして経費を削減するというのが農協の考えです。

 農協が提示した条件は、6万5千箱の苗箱がならべられる土地、約1㌶。しかも農地ではない遊休地。あらたな土地の造成はしない。農地を利用することもダメといっています。

 こんな条件の土地は弥富にも紫福にもありません。しかし、農協金融窓口をなくしたばかりの弥富から、また育苗センターをなくしたのでは、批判が強いということから、第一候補として弥富をあげています。


 これは結局、表面上は弥富に残したいというポーズをとりながら、実際には「土地がないじゃろ」「中学校のグラウンドを使わせんかったらほかに行くよ」「それは弥富の人が決めたことじゃけえね。農協には責任はない」というものです。

 中学校のグラウンドを育苗センターにしたら、ハウスが立ち並びます。パイプハウスといったり、鉄骨ハウスといったり、事業の内容はまったく詰まっていません。ところが、23日からの市議会には予算が計上されます。緊急経済対策なので、少なくとも年度いっぱいには完成させる必要がある。事業費は3億円というものです。
 事業費3億円といっても、パイプハウスと鉄骨ハウスでは、単価が大きく違います。場所も決まっていないのに、予算だけが先行するということは考えられないほど杜撰な事業ということになります。


 こんな状況から推測すると、はじめから弥富にはつくらない。中学校のグラウンドという条件をつければ、やれるはずはない。地元のものが決めたのだから、育苗センターがなくなっても文句は言われないということでしょうか。萩市も遊休地の解消のためには、新たな造成なんてさせない条件をつけたようです。

 すでに萩市は、遊休地として高俣小中学校のグラウンドを提示しているようです。はじめから、こういう計画で進んでいると思われます。


 弥富中学校のグラウンドがなくなれば、弥富から広い土地はなくなります。現在やっているグラウンドゴルフ大会やソフトボール大会、そばの花祭りはできなくなります。さらに、小学校が使用している陸上競技の練習も100メートルコースが取れなくなります。自転車乗り方競技の練習もできなくなります。弥富の村のコミュニティーをぶち壊してしまうことになります。

 中には、グラウンドより育苗センターだという人もいます。また育苗センターを作らせてあとからグラウンドをつくってもらえばよいという人もいます。そんなことは非現実的であることは明らかです。


 行政財産を建設候補地としてあげること自体が、はじめから無理な話です。
 
 突如持ち上がった農協の育苗センター建設の問題は、弥富の村を引き裂くような問題になっています。



 写真は、山谷の I さんの家です。アジサイ屋敷というぐらいたくさんのアジサイが咲き誇っています。四季を通じてずっと花が咲いています。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/07/17(金) 17:34:49|
  2. 弥富中学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーズづくり講習会のご案内 7月26日

 今年もチーズづくり講習会が開かれます。
 
 7月26日日曜日、午前9時30分から 弥富公民館調理室です。

 講師はおなじみ 弘重さんです。スイスの国家資格のチーズ士です。この資格を持っている人は日本にはほとんどいません。
 チーズづくりの勘所に見せる真剣さは、いくら量が少なくてもまったく手を抜かない職人のものですね。

 参加は1000円だったかな。昼食持参です。昼食時には、できたばかりのフレッシュチーズを一緒に食べます。

チーズ作り070217弘重先生1

 この写真は2年前の講習会のときの写真です。

 弥富で父を出すヤギが50頭いて、100リットルのヤギ乳があれば、弘重さんが来て本格的にチーズを作るといっています。そのため、いまヤギを増やそうとしていますが、なかなか進みません。
 けれど、今回はやっと念願のヤギ乳でチーズができるかもしれません。

 絞らせてくれればの話ですが・・・

 

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/07/12(日) 22:21:08|
  2. ヤギとチーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畳が淵

 畳が淵です。大水が出る前にとりました。とった日の午後から大雨で、今はもう少しきれいになっているかもしれません。
畳が淵090702あ
 議会だよりの表紙写真に選ばれて、管理人がとりに行くことになりました。何度行っても、自然の妙ですね。写真では伝わりきれないのが畳が淵の大きさです。左右が切り立っていて限られますし、淵の下からは写せないし、なかなか難しい。

畳が淵090702い

 淵に落ちるところの一番下の足場になる岩まで降りて水面近くから取りました。おおこわ。

畳が淵090702う
 上流からの景色もきれいです。ここから淵が見えてきて、おおおっ となりますね。

 ただどうしても雨がふると竹や木、あとゴミが流れてきて、淵で対流しますので目ざわりといえばそれですね。しかたないですけど。

 わが村の大切な宝ですから、きれいにしたいですね。

 今日は、どうしてこんなものが出来たのかということは説明しません。謎にしておきましょう。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/07/08(水) 07:02:14|
  2. 弥富の自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

弥富のみやきん

Author:弥富のみやきん
弥富村情報室へようおいでました。ゆうにしておくれんさんせ。できりゃあ足跡ものこしておくれぇの。仲ようしょうでの。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

どねえかね

ゆうにしておくれんさいのう

現在の閲覧者数:

ようおいでんさったのう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。