弥富情報室ブログ

「あなたのふるさとになります」 山口県に弥富村があります。今は萩市ですが、かつて阿武郡にあった島根・津和野の隣にある小さな村。弥富村が好きな人々の温かい交流の場にしたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鈴野川の茅葺保存会 国の重要文化財を葺替え中  六日市道面家住宅

道面家住宅

 鈴野川の茅葺屋根保存会の職人さんたちが、国の重要文化財の屋根を葺き替えています。島根県鹿足郡吉賀町六日市にある旧道面家住宅です。入母屋作りの4面(こっちでは4ヒラといいます)全てを一度に葺き替えています。

道面家葺き替え01

 こんな機会はめったにありませんので、みなさんにも是非見に行ってほしいと思います。茅葺職人が少なくなったいま、この技術を継承していくことはとても大事なことです。やる気のある人はぜひ手伝ってみてください。
道面家葺き替え02

 茅葺は、地元の材料で自分たちの技術で屋根を葺き上げていきます。一つの大事な地場産業です。鈴野川や弥富、小川にはこうした技術が残っています。

道面家葺き替え03

 屋根の尾を葺くのは熟練が必要です。棟梁が主に担当しています。抑える竹=鉾竹では押さえられませんので、縄で縛っていきます。丈夫で長持ちさせるために棕櫚縄を使います。

道面家葺き替え05

 茅を重ねて竹で押さえますが、その竹を垂木に縄でくくります。屋根の下では縄を垂木に回す約の人がいます。針(といっても木や竹、金属棒)で刺して縄を下まで通します。下は見えないので冠だけが頼り、ベテランは一度でいいところに通します。

道面家葺き替え06
 
 昔のお嬢さん方も活躍します。職人たちが、こんな茅を暮れという注文に応じて、選り分け、元を切りそろえて運びます。この職人集団は、こうして誰もがそれぞれの持ち場で協力し合いながらみんなで一つの屋根を葺き上げていきます。

道面家葺き替え04

 垂木が縄でくくりつけられた屋根です。縄でくくるだけですから、ゆれます。これが茅葺屋根の素晴らしいところです。地震はこれで吸収します。台風なども揺れることでしのぐことができます。

 茅葺の屋根の家に住んでみると、空気が上に抜けていくのを感じます。とても爽やかです。夏涼しくて冬暖かいというのは、この構造にあります。
 いまなら屋根の裏までみんな見ることができます。ぜひ、見に行ってください。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/04/17(金) 20:01:49|
  2. 鈴野川地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<リンゴの花が満開です  かものはら果樹園 | ホーム | 菜の花 咲いています>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/27(月) 08:06:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yadomi.blog85.fc2.com/tb.php/99-ea6de76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

弥富のみやきん

Author:弥富のみやきん
弥富村情報室へようおいでました。ゆうにしておくれんさんせ。できりゃあ足跡ものこしておくれぇの。仲ようしょうでの。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

どねえかね

ゆうにしておくれんさいのう

現在の閲覧者数:

ようおいでんさったのう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。